リアップX5 リアップジェット 違い

リアップX5とリアップジェットの違い

育毛・発毛剤として国内でも人気のある「リアップ・シリーズ」には主力商品として「リアップX5」と「リアップ・ジェット」があります。それぞれに特徴がありますので、「どちらにしようか?」と悩まれる方も多いでしょう。2つの育毛剤の違いや特徴をご紹介します。

 

どちらとも「ミノキシジル」が主成分

現在の薄毛・ハゲ改善にもっとも有効な成分と言われているのが「ミノキシジル」です。血管拡張効果があり、毛根部に十分な酸素と栄養素が届かないことで脱毛してしまった方に最適な成分です。血管壁の汚れや詰まりなどから生活習慣病を発症する人が多い現代人の体質にマッチし、高い効果を上げる薄毛改善成分です。

 

リアップシリーズには男性用と女性用、そしてエアゾールタイプのリアップ・ジェットなどがありますが、どれもミノキシジルを主成分とした育毛剤です。その違いは「含有量」であり、リアップX5は100ml中に5mg、リアップ・ジェットには1mgが配合されています。

 

おすすめの買い方

ミノキシジルは医薬品であり、わずかですが、副作用の心配も考慮に入れなくてはいけません。病院などの治療薬でも同じことがいえますが、やはり最初は薬価の低いものからはじめ、様子を見ながら増やしていくのが良いでしょう。

 

ただ、薄毛の進行が重度な場合、いち早く改善策を打ったほうが良い場合などは、順番を逆にして思い切った対処を始めることをオススメします。それは、いくらミノキシジルの発毛効果が高くても、「毛根が死んでしまえば毛は生えない」からです。

 

これは、もう一つの脱毛症治療薬の「フィナステリド」であっても同じことです。脱毛が重症化する前に対処を始めましょう。

 

値段と使い方の違い

またリアップX5とリアップ・ジェットは価格が倍ほども違います。リアップX5は約7400円程度で、リアップ・ジェットは約3900円です。
これはミノキシジルの含有量が大きく影響しているためです。リアップX5はリキッドタイプでリアップ・ジェットはスプレータイプですので、初心者の方ならスプレータイプの方が多少使いやすいかも知れません。

 

補助成分の違い

リアップシリーズは主成分がミノキシジルですが、リアップX5とリアップ・ジェットとでは補助成分が多少違います。補助成分は頭皮環境を整える作用のあるものが使われ、共通しているのはビタミンEとして「トコフェノール酢酸エステル」です。

 

リアップX5にはこれに加えてピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が配合されて頭皮の炎症、アレルギー・酸化・硬化などを食い止めます。一方リアップ・ジェットには「パントテニールエチルエーテル」という成分が独自に配合されています。ビタミンB群の一種であり、毛母細胞の細胞分裂や髪の生成と成長を促す効果があり、これによってミノキシジル含有量の少なさを補っています。

 

併用したら相乗効果あり?

リアップX5とリアップジェットを併用すると相乗効果あるんじゃないの?と思われるかもしれません。しかしこれは費用対効果的に効果はありません。発毛成分の濃度が濃い・薄いということだからです。もし髪の毛をどうしても生やしたいと何かしらの併用を希望するなら、育毛サプリがおすすめです。体内から発毛促進を図るので相乗効果起きるからです。

 

まとめ

総合的に見るとどちらも一長一短がありますが、自分の薄毛の進行度合いによって判断することが大切です。まだ軽度ならば価格の安いリアップ・ジェットでミノキシジルを体験してみるのも良いでしょうし、一刻も早く薄毛を何とかしなくてはならない人ならば、5倍のミノキシジルが配合されているリアップX5を選ぶのが賢明です。