育毛剤 いつから

育毛剤はいつから使えばいい?

薄毛が気になり出すとほとんどの人が最初に思い付くのが、育毛剤での対策ではないでしょうか?でも、育毛剤はずっと使うものだからお金もかかるし、面倒だからと少しでも先延ばしにしたくなるのが大半の人のホンネです。実は育毛剤を使い始める時期を見極めるための3つの大事なチェックポイントというのが存在します。自分が育毛剤を使い始めるべき時期にあるのか早速確認してみましょう。

 

1)髪の太さやハリの変化の有無

薄毛の前兆の一つとして髪が細くなることが挙げられます。髪が細くなるのは、髪に必要な栄養が十分ではない証拠です。また、髪のパサつくようになったり、髪型がなかなか決まらなくなったとかセットしてもすぐにペシャンとつぶれてしまうことが増えた場合も要注意です。髪がハリを失っていて、栄養失調状態と言えます。もう1つ、もともと直毛だったのに急にくせ毛になったという場合もキケンです。髪が発育不良を起こしている状態です。髪が細くなる、ハリを失う、くせ毛になるようなことがあれば育毛剤でのケアが必要となります。

 

2)頭皮がギトギトか否か

抜け毛や薄毛は、頭皮の皮脂状態と深く関係しています。皮脂分泌が過剰だと毛穴が詰まったり、雑菌が増殖することで炎症を起こして抜け毛の原因となります。皮脂が過剰分泌されるのは体質だけでなく、日頃のシャンプーで必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥を招くことが引き金になっている場合もあります。頭皮がギトギトで脂っぽくなっていたり、フケ、かぶれやかゆみがある場合は要注意です。頭皮環境を整えることこそが薄毛対策の基本となるので、育毛剤でのケアを始めましょう。

 

3)抜け毛の毛根の有無

もし自分の抜け毛を見つけたら、しっかりチェックしてみましょう。毛の根元が綿棒の先のような丸みを帯びた状態であれば、髪は健康な状態にあると言えます。これに対し、ボコボコした白い物が付いている場合は、皮脂が付いていて頭皮の皮脂が過剰であることを物語っています。毛根がしっぽのようなになっている場合は、頭皮が乾燥状態にあると言えます。毛根がない場合は円形脱毛症や女性に多いびまん性脱毛症に多いタイプの抜け毛と言えます。健康でない抜け毛がある場合は、すぐに育毛剤でのケアを取り入れることで薄毛を予防しましょう。

 

まとめ

3つのチェックを行ってみて、1つでもあてはまる項目があったならば育毛剤を使い始める時期と言えます。抜け毛が増えた状態でそのまま放っておくと、いずれ髪が生えない状態になってしまいます。手遅れになる前の今、育毛剤を使い始めましょう。