男女 抜け毛 違い

これまでの薄毛の認識とは?

「ハゲや薄毛と言ったら、男性だけがなるものなんじゃないの?」という認識が今までにはありました。最近では、薄毛に悩む女性が増えてきています。一口にハゲといっても、男性と女性では髪が薄くなる過程が少し違っています。

 

では薄毛になってしまう原因も男性と女性では少しだけ違う理由はなんでしょうか?

 

抜け毛の性差

男性の場合、頭頂部や生え際が集中して薄くなってきます。女性の場合には少し違っています。全体的に髪の毛が少なくなってくる印象です。髪の毛の一本一本の間が薄くなってきて、頭全体から次第に頭皮の肌色の部分が多くなってくる、といった感じで薄毛が進行します。

 

原因の違いは

男性の髪の毛が薄くなる原因としては、男性らしさを形作るテストステロンというホルモンが、ジヒドロステロンというホルモンに変わってしまい、このホルモンの過剰分泌で髪の毛が薄くなってきてしまうと言われています。

 

女性の場合には少し違って、卵巣や副腎から出る女性ホルモンが、男性ホルモンに変化してしまうのです。この女性ホルモンが男性ホルモンに変化し、分泌されるようになるため、髪の毛が次第に薄くなってくると言われています。早い人なら10代後半から20代で始まると言われています
その他の原因としては、常に髪の毛を縛る髪型や、出産後の体質の変化、ピルの服用をやめた後、整髪料やカラーリングの使いすぎなど、女性のライフスタイルの問題も関係してきます。

 

プロペシア(フィナステリド)は使えない

男性の薄毛の場合には、プロペシアという薬が効果を示します。男性型脱毛症(AGA)治療薬としても有名な薬です。その一方で、女性には適用外になっています。このプロペシアは、テストステロンをジヒドロステロンに変化させることを防ぐための薬なので、テストステロンの関係のない女性には効果を示さないのです。

 

一般的な対策としては、髪の毛を結んだ髪型をやめる、お風呂の時に適度にマッサージをする、ビタミンやミネラルを積極的にとって、体を動かして血行を良くするようにすることが代表的な方法です。このような地道な努力は、男性の薄毛対策とまったく同じです。

 

最後に

一口に薄毛といっても、男性と女性のホルモンの違いで、薄毛になる過程も違ってきます。原因も違ってくるので、男性と女性で全く同じ方法で治療するというわけではありません。「女性だから薄毛にならないんでしょう?」という時代ではなくなりました。男性と同じように生活習慣を整えて、健康と頭皮の良好な環境を維持していくことが大事です。