薄毛 傾向

 

注意!薄毛になる人の頭皮にはある決まった傾向がある?

薄毛は遺伝や年齢のせいだからしょうがないと、半ばあきらめている方もいらっしゃるのではないでしょうか?たしかに薄毛の原因には遺伝や加齢も関係していますが、頭皮環境も深く関係しています。

 

実は、薄毛になる人の頭皮にはある決まった傾向があり、頭皮状態をチェックすることで適切な薄毛対策を行うことも可能です。自分の頭皮状態が薄毛になる頭皮にあてはまらないかチェックし、薄毛の予防、改善に役立てましょう。

 
汚れが落としきれず不潔な頭皮

頭皮が不潔な人は薄毛になりやすい傾向にあります。毎日のシャンプーがいい加減だと、皮脂などの汚れやシャンプーなどが頭皮に残ったままとなり薄毛を誘発します。

 

頭皮の保護に必要な皮脂まで洗い流すと皮脂を過剰分泌させ、毛穴に詰まった皮脂により血流を阻害して栄養不足となり髪が痩せて抜け落ち、生えてこない事態を招きます。

 

べたついたり、臭い頭皮の人は、夜に1度、潤いを保ちながらも汚れはしっかり落とす低刺激のアミノ酸系シャンプーで丁寧に頭皮を洗うようにしましょう。

 

頻繁にトラブルを抱える頭皮

頭皮に湿疹やかゆみ、ふけなどの異常がある状態は、毛根に栄養が届かなくなるので薄毛の傾向にあると言えます。炎症を起こす原因は、不潔で刺激を与えるせいです。

 

シャンプーやタオルドライの際にゴシゴシやる、熱い湯、アルコールを含むヘアケア剤、パーマなどの薬剤や熱などの影響が考えられます。傷ついた頭皮はバリア機能が低下し、脱毛につながる脂漏性皮膚炎などになるリスクが高くなります。

 

炎症は育毛剤の浸透も阻むので、刺激を与えず、シャンプー後は雑菌の繁殖を防ぐべくドライヤーを使いましょう。

 

硬い頭皮

薄毛になる傾向の人の頭皮は硬いのが特徴です。頭皮が硬いと血流悪化により汚れが溜まりやすくなり、十分な栄養を届けることができずに薄毛につながります。

 

頭皮を片手で掴んで円を描くように動かしたときに頭皮が手と同じように動く人は大丈夫ですが、動きが悪い場合は危険です。頭皮を柔らかくするために、湯船に浸かる時や頭皮が乾いている時にマッサージを行いましょう。

 

親指以外の4本の指の腹を使って10秒ずつ心地よい程度に頭皮を押し上げ、終わったら少しずつずらしながら頭皮全体に行いましょう。

 

まとめ

 

頭皮環境を整えることが薄毛対策の要となります。

 

薄毛の傾向にある頭皮だと気づいた方は、今が薄毛対策を始めるチャンスです。

 

すぐに始めて優しく丁寧な頭皮ケアを続けることで、将来の髪の本数がきっと変わります。粘り強く頑張りましょう。