育毛剤 AGAクリニック 比較

もうAGAクリニックは必要なし!?

現在、世界のAGA(男性型脱毛症)治療の実情は明るく、新薬の開発や新たな研究がハイスピードで進み、脱毛症のメカニズムの全貌が深く解明されています。

 

一般的に薄毛治療で行われるのは、各メーカーが開発した育毛剤を使用するか、発毛専門クリニックを診察して医薬品治療薬の処方を受けるかの2つです。それでは実際に薄毛改善をはじめるとき、どちらを選べばよいのでしょうか?

 

脱毛症とAGAの治療の歴史

 

絶対に治らないと言われ、そのメカニズムも解明されなかった脱毛症治療は、「フィナステリド」という抗アンドロゲン薬の発見で大きく進化を遂げました。フィナステリドの研究によって男性型脱毛症のメカニズムが解明され、世界初の脱毛治療薬として「プロペシア」が販売されたのです。
そしてその数年後には血管拡張剤である「ミノキシジル」の登場によってさらに進化を遂げ、女性の脱毛症の改善にまで手が届くようになりました。

 

----しかし、この二つの製剤の発見で脱毛治療の進化は止まらなかったのです。それまでは脱毛のメカニズムがわからなかったために、無作為に「髪の成長に良い」と言い伝えられていた食物や生薬を、なかば都市伝説のような手法で製品化していたのが育毛剤の実態でした。

 

それがはっきりとした原因が解明されたことによって、市販品である育毛剤の中にも劇的な効果のある製品が次々と誕生したのです。

 

育毛剤とAGA医薬品の効果

「薄毛治療の特効薬」として登場したフィナステリドですが、実際の臨床データでは60〜70%くらいの人に「著名な改善が見られた」という結果が出ています。

 

一方ミノキシジルの場合は、効果が高いと言われる傾向タブレットで80%〜90%以上の人に効果が実感できた・・というデータがあります。しかし、ミノキシジル単体で、「著名な改善が見られた」と感じられる人は全体の10%ほどだと言われています。

 

どちらも単体でのデータ結果であり、多くのクリニックは2つの製剤を併用しますし、患者それぞれの薄毛の最大要因の違いによって改善効果も違ってきます。一方、美容品やヘアケア用品を主として製造するメーカーでは「医薬部外品」「化粧品」として販売しますので、認可の必要がなく詳細な臨床データはあまりありません。

 

しかしクチコミ・レビューなどでは様々な投稿が寄せられ、リピーターの数もかなりいることから、その効果には期待して良いでしょう。

 

解明された脱毛症のメカニズムに則って、クリニックでは医療薬用い、市販の育毛剤では天然抽出成分や副作用の少ない化学成分を配合する・・という方向性の違いが現在の脱毛症治療の現状だと言えます。

 

育毛剤とAGAのクリニック・費用の問題

 

薄毛治療を考えるときに忘れてはならないのは「費用」の問題です。人気のある育毛剤の価格は一月分で4000円〜8000円程度です。一方、現在の一般的なAGAクリニックでもびっくりするような価格ではありませんが、それでも育毛剤を用いて個人で行う場合に比べると3倍〜5倍の費用がかかります。

 

フィナステリド製剤もミノキシジルも通販ならば育毛剤と同じくらいなのですが、医薬品ですので素人が自己判断で購入して使用すると、甚大な副作用に見舞われる可能性もあります。クリニックでは自由診療になりますが、あくまで「治療」として行い、治療薬を使用しますので、「診断費」「検査費」などが加算されて高額になってしまうのです。

 

副作用の心配・・・

 

薬事法で「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」と分類される基準は「副作用の強度」にあります。「医薬品だから効果が高い」と思われがちですが、実はそうではないのです。AGAのクリニックでは問診と検査によっていくつかの適合検査をしますが、それに適合されてもやはり副作用の心配は捨て切れません。

 

フィナステリドもミノキシジルも副作用による健康被害の症例は多く報告されており、これがAGA治療薬最大のデメリットであると言えます。それに対して育毛剤はあくまで外用の医薬部外品であり、また天然原料から抽出した素材や、副作用の心配の少ない成分によってつくられていますので安全性の高いものです。

 

フィナステリドとミノキシジルはあまりにも有名な脱毛症治療薬ですが、ここ数年の市販育毛剤の進歩には目を見張るものがあります。

 

「医薬品だから確実」という既成概念がありますが、これにこだわるのも良くありません。実際に、風邪薬や胃薬、鎮痛剤などでも、病院で処方される医薬品よりもドラッグストアで売られている市販薬の方が効果が上回っているものはいくらでもあります。

 

自分の薄毛の原因をしっかりと見極めることができれば、AGAクリニックを受診しなくても、安く安全に育毛剤を使った薄毛対策をすることも可能なのです。